京都のことをぼつりぼつり


by corokan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏越祓@八坂神社

2010年の前半が今日で終了です。
明日からの後半に向けて、京都の各神社では『大祓式』が開催されました。
半年間の厄払いと、この先半年のハッピーを祈る行事なのです。
貴船神社、上賀茂神社、吉田神社、北野天満宮…、清水寺の敷地内にある地主神社もいいよね。
などと考えましたが、やはり氏子ですから、八坂神社での式典に参加してきましたよ。
まずは神官の祝詞を粛々と賜ります。
f0229618_1850782.jpg

その後、紙吹雪のようなものを両肩に振りかけて、体を清めます。
そして人形(ひとがた)に息を吹きかけてから、それを体の悪いところに当てて厄を移します。
人形はまとめて献納され、お祓いしてもらえるです。
私は、頭と心臓をなでなで。頭が良くなりますように、気持ちが穏やかでいられますように。
f0229618_18532629.jpg

式典の最後は、神官を先頭に『茅の輪くぐり』です。
f0229618_18583339.jpg

参列者の中には、着物姿の粋な旦那衆も。
f0229618_18594611.jpg

式典は30分ほどで終了しましたが、茅の輪くぐりは自由参加OK。
祇園の舞妓ちゃんもくぐってヨシ!
f0229618_193256.jpg

[PR]
by corokan | 2010-06-30 19:04 | 催し物案内

奈良公園

近鉄奈良駅から興福寺、東大寺、春日大社を経て新薬師寺まで、歩くとかなりの距離。
(今回、春日大社まではバスを利用しましたが。)
でも、緑の稜線と鹿のいる風景が歩きたい気分にさせてくれます。
f0229618_1049271.jpg

飛火野では、鹿と修学旅行生が遊んでました。
ここでしか味わえない、ちょっとしたメルヘン体験♪
f0229618_10542826.jpg

そして夕暮れ時。
荒池越しの夕陽の美しさ!
f0229618_1451084.jpg

浮見堂から見る鷺池の水面には、三日月が映っておりました。
(写真にも写っておりますが、撮影者本人にしか識別できません。悪しからず。)
f0229618_1454491.jpg

陽が沈む頃、東大寺の大仏殿へ。
f0229618_14561663.jpg

「大和は国のまほろば」…文句ナシに納得です。
[PR]
by corokan | 2010-06-22 14:59 | 京都発、日帰りの旅

奈良・春日大社

奈良に着いて、最初に訪れたのは『春日大社』です。
f0229618_1254288.jpg

バスを降りてすぐに出迎えてくれたのは、鹿。
神様のお使いですからね、挨拶しないと。ペコリ。
f0229618_12582368.jpg

清めのお手水舎には、ちょっぴり強面の鹿。
f0229618_1305166.jpg

前日の夜から大雨に見舞われた関西地区ですが、朝には止んで、霞のかかった境内はとても幻想的。
神聖な場所に足を踏み入れて、心がキリリと引き締まります。
f0229618_139269.jpg

f0229618_1310157.jpg

f0229618_1311629.jpg

f0229618_131126100.jpg

そして参拝の後でひいた『鹿みくじ』は、謙虚に小吉をいただきました。
f0229618_13204432.jpg

願望は「他人(ひと)の助けありて思ふ様にはかどりて吉」だそうです。
他人の皆様、よろしくお願いいたします。深々とペコリ。
[PR]
by corokan | 2010-06-19 13:21 | 京都発、日帰りの旅

奈良へ。

朝早い用事のあった昨日、一日を有効に使おうと思い立ち、奈良へ行って来ました。
京都から奈良へは、近鉄で片道610円、所要時間も1時間かかりません。
なので、日帰りでも十分に奈良を楽しめるのです。
近鉄京都駅では『平城遷都1300年祭』のメインキャラ・せんとくんが見送ってくれます。
f0229618_2210253.jpg

登場した当初は「きもキャラ」として非難を浴びたせんとくんですが、
今ではすっかり市民権を得ちゃってる感じで。
f0229618_22115560.jpg

梅雨の晴れ間に訪れた奈良の旅、報告は明日!
[PR]
by corokan | 2010-06-17 22:17 | 京都発、日帰りの旅

豆政のクリーム五色豆

先週の神奈川行きで持参したお土産は、『豆政』の「クリーム五色豆」でした。
これ、テレビで紹介されたのを観て、ずっと気になってたのですが、本店があるのは京都御所の近く。
私のぶらぶら歩き圏外なので、なかなか訪問出来ずにおりました。
が、高島屋の横にある『四条センター』で、偶然に発見!
労せずに買えてラッキー。
五色豆と言えば昔ながらのお菓子で、広く知られているのはコレ↓ですよね。
私は、節分の日にポリポリと食べてました。
f0229618_9562666.jpg

で、クリーム五色豆はこちら↓。
落花生に五つの味(ミルク・いちご・バナナ・珈琲・抹茶)のクリームがコーティングされて、見た目も洋風です。
f0229618_9594664.jpg

そして、可愛いのがパッケージ!
f0229618_1061478.jpg

このピンク色が乙女心をくすぐるのよね〜。
でも…私的に紙製なのがちょっと残念。
缶だったら、女子はもっと喜ぶと思うんだけどなぁ。
(「勝手に商品開発部」員の私は言いたい放題なのです。ホホホ〜♪)
[PR]
by corokan | 2010-06-12 10:15 | お買い物

つばめ(TSUBAME)

東京の友達が、京都まで買い物にやって来ました。
買うのは、犬!
高野のブリーダーさんのチワワに惚れちゃったんだって。
それでわざわざ京都まで、しかも日帰りで。ひょ〜!
「ランチのお店をヨロシク」って言われたけど、あまり無駄な動きもさせられないし…。
で、選んだお店は一乗寺の『つばめ』です。
人気の本屋『恵文社』の近くにあって、これまた人気のカフェなのです。
f0229618_833592.jpg

11時半の開店で、我々が到着したのは11時45分。なのに満席!
なんてこったい…。
しかし、この後のスケジュールを考えると、やはり『つばめ』でのランチが便利なので、待つことにしました。
向かいの日陰で色々と喋ってたら、待ち時間40分なんてあっという間ですね。
この日の定食は、ワカサギの南蛮漬け。
雑穀ごはんとお味噌汁、小鉢とお漬物もついて850円也。
体も心も喜ぶ、ヘルシーで美味しい定食でした。
f0229618_843791.jpg

肝心のチワワは、食べちゃいたいくらい可愛いかったです〜♪
f0229618_8451927.jpg

つばめ
京都市左京区一乗寺払殿町30-2
TEL:075-723-9352
[PR]
by corokan | 2010-06-11 08:49 | カフェ

ニッポンの朝ご飯

週末、私事で神奈川へ行ってきました。
時間が空いたのは夕方4時過ぎで、友人と合流して初めての鎌倉へ。
まずは「鳩」がシンボルの鶴岡八幡宮。
f0229618_19322796.jpg

今年の3月に強風で倒れた銀杏は根っこが植えかえられ、新芽が育ち始めてます。
f0229618_1935202.jpg

更に、元の場所にも若い銀杏(ヒコバエ)がワサワサと!
植物の生命力に拍手〜♪
f0229618_19365771.jpg

そして、鎌倉で鳩と言えば『豊島屋』です。
みんな大好き、鳩サブレー。
f0229618_19392965.jpg

夜は『津久井』でお好み焼きとお喋りを堪能して(しすぎて撮影忘れた…)、友人宅に移動。
大磯の近くで、窓を開けると目の前に広がる太平洋、なんという贅沢!
f0229618_19484143.jpg

たっぷり喋って、ぐっすり眠って、すっきりお目覚め。
そこへ、お母さん特製の朝ご飯『スガちゃん定食』が登場して、もうもう幸せです〜♪
焼鮭、ご飯、アサリの味噌汁、梅干し、昆布の佃煮、納豆、カボチャの煮物、自家製漬物、サラダ。
日本の食卓の正しい姿、ですね。
f0229618_19512841.jpg

一泊二日の神奈川の旅、充実の二日間に感謝です。
あ、お利口さんで留守番してくれたうちの犬にも、感謝!
f0229618_19582836.jpg

[PR]
by corokan | 2010-06-07 19:58 | 日々のこと

招楽(SHO-RAKU)

一週間程、島根県の実家に戻っておりましたが、お仕事再開により帰洛です。
今日は、紛失した(!?)換気扇の電球を取り付けるため、お昼にゲストハウスへ。
バスに乗ってる時からお腹が「ぐぅぐぅ」鳴いて、歩きながらずっとランチのことを考えてました。
で、あっという間に仕事も終わり(そりゃそうだ)、四条通りに向かってたら
西洞院仏光寺のバス停近くにある『招楽』の店先に「サービスランチ」の文字発見。
f0229618_21265465.jpg

このお店、お昼時にサラリーマンが入っていくのをよく見かけるのですよ。
今日のランチはハンバーグ。
さらに春巻きと目玉焼きと、うどんまでついて630円、試してみる価値あり!
f0229618_2134752.jpg

結果は、良くも悪くも予想を裏切らない味でした。
でも、逆にそれが落ち着くのよね〜。
サラリーマンに愛される理由が分かる気がします。
ちなみに「担々うどん」というメニューも気になっている私です。
[PR]
by corokan | 2010-06-01 21:46 | ごはん