京都のことをぼつりぼつり


by corokan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

続『はしたて』のこと

JR京都駅にある『はしたて』には、テイクアウト・コーナーもあります。
f0229618_858994.jpg

すなわち、ちょっと贅沢な駅弁が買えるということです。
お店の定番メニューの『鯛の胡麻味噌寿し』とか。
f0229618_8595789.jpg

京都の鯖が“はしたて風”にアレンジされるとこうなります。
『鯖押し寿司弁当』食べたーい!
f0229618_93162.jpg

そして、伊勢丹の地下では本家『和久傳』のお弁当も買えます。
f0229618_953885.jpg

つやつやの『鯛ちらし弁当』ウヒョーッ!!
f0229618_955635.jpg

どうすればこんな上品な味付けができるのか、感動のお弁当でした。
そうそう、伊勢丹の11階には『和久傳京都店』があります。
こちらのレポートもしなくちゃですね。
あ〜、考えただけで腹が鳴る〜。

頑張れ東北!頑張ろう日本!

[PR]
by corokan | 2011-10-17 09:11 | ごはん
約一ヶ月振りの書き込みです。
そこそこに色々なものを食べてますので、紹介していきますね。
直近だとJR京都駅の『はしたて』でランチしました。
このお店、有名な料亭の『和久傳(わくでん)』の系列です。
うちの近所だと高台寺店がありますが、看板もひっそりしてて、なかなか敷居が高いです…。
坂東玉三郎さんも常連らしいし。
でも『はしたて』だったら、小市民の私でも気軽に行けますよ!
今回は「十月のお昼善」(1,680円)をいただきました。
f0229618_19434625.jpg

鰹のづけ丼。
上品にプラスされた雲丹が味のアクセントです。
f0229618_19461045.jpg

がんもと水菜の煮麺。
ちなみに「がんもどき」のこと、関西では「ひろうす」と呼びます。
f0229618_19472363.jpg

蕪の味噌田楽とお漬け物もつきます。
そして食後の水菓子、れんこん餅〜♪
わらび餅よりもトゥルンとしてて、きな粉の甘みも抜群でした。
f0229618_195197.jpg

お店の場所はJR南北自由通路にある『suvaco』の3階。
この日は待たずに入店出来ましたが、時間帯・季節によっては行列必至。
でも、待ってでも食べたい老舗の味です。

頑張れ東北!頑張ろう日本!

[PR]
by corokan | 2011-10-15 19:56 | ごはん