京都のことをぼつりぼつり


by corokan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今週の初めに、24時間滞在でまたまた京都へ弾丸ツアー。
下りのバスは朝7時に京都駅を出発。
眠気と闘いながらも『太陽の塔』を車中から見学しました。
やっぱすごいね、岡本太郎。
f0229618_167319.jpg

ちなみに上りのバスだと小ちゃいんです。
高速道路の不思議。
f0229618_1681676.jpg

そして、もう一つ撮りたかった太陽の塔がありまして。
見つけた瞬間、カメラを後方に向けて無我夢中でシャッターを押しました。
何とか成功…!?
f0229618_16103874.jpg

数日置きに実家と京都を行ったり来たりする生活で
「何やってるんだか??」と、自問自答をすることもありましたが、
太郎の作品を見て、何だか元気がむくむくと出てまいりました。
昨日からちょいと「やる気・元気・Q太郎!」です。
ピンクの服も着てないし、オールバックにもしてないけどさ!
[PR]
by corokan | 2013-07-24 16:13 | 日々のこと

田舎のワンコ

実家暮らしのボブ彦、アスファルトの熱さを避けて朝夕の散歩を楽しんでおります。
最近は、夜が明けると肩や頭をペシペシ叩いて起こしてくれます。
おかげで早起き、ありがてぇ…。
で、2〜3日前からボブ彦の散歩コースを変更したのですが、
その時に小型犬を数匹飼っている家の前を通ります。
窓際のケージからボブ彦の姿が見えると「ワンワンワン!」と吠えまくり。
ボブ彦も興味津々で立ち止まるのですが、とっとと立ち去るようにしてます。
今朝も「ワンワンワン!」と吠えられたのですが、
その途端に飼い主(女性)の声がして、「ビシッ!ビシッ!」って、何かを叩く音が。
もしかして、女王様!?!?
その後、吠えるのはピタリと止まって、お仕置き大成功。
こ、こ、怖ぇ〜〜〜〜〜o(T◇T o)
ちなみにボブ彦は、散歩中には吠えません。
噛み付くけどね〜〜〜。
というわけで、暑い日中はひたすら昼寝、お古の布団と毛布が似合うボブ彦。
f0229618_1173419.jpg

[PR]
by corokan | 2013-07-20 11:08 | 日々のこと

寄り道で石見銀山

本日、車の修理が完了しました!
代車生活ともおさらばであります。
お祝い(?)に、帰り道は石見銀山経由です。島根県の世界遺産ですし。
駐車場の車は多かったのに町並み地区の人は少なめで、猫ものんびり〜。
f0229618_1872532.jpg

群言堂』で買い物して出ると、路上の真ん中で昼寝しちゃってて、車が動けずにいました。
どうやらお年寄りの猫のようですが、それを見ている数人の観光客も
「どけませんねぇ。車が近づいたらどうするんですかねぇ。」って、放置プレイ。
ドライバーさんも困ってるというのに〜。
もちろん私が抱き上げて、道の脇に移動させてやりましたです。
「なすがまま」って感じで、フニャフニャしてて、可愛かったな〜。

この後、三色割子そばで軽めのランチ。
ホントはイタメシ屋に行きたかったんですが、駐車場から徒歩25分という距離で却下。
曇り空とは言え、やっぱ暑いんだもーん。
て言うか、駐車場からの道順を逆に行っちゃったんです。
何をするにも方向音痴のワシです。テヘヘ(u_u*)
f0229618_18163791.jpg

で、大森郵便局で友達に送る葉書に記念スタンプを押してもらって、帰宅。
これが今回の寄り道の目的だったのでした。キャホホ。
f0229618_1820513.jpg

[PR]
by corokan | 2013-07-18 18:22 | ふるさと島根
今月になって、実家と京都の移動はほとんどが高速バスでしたが、
今月末から来月にかけては、スケジュール的に高速バスでは無理があります。
広島から新幹線…という手段もありますが、
出雲駅でたまたま、お得なJRチケットの情報をゲット!
駅構内、きょろきょろしてみるもんですね〜。
f0229618_11324431.jpg

京都から普通車指定席で出雲まで、通常だと片道12,300円。
それが、往復でこの金額になっちゃうんだから、使わないテはありません。
ただし、新大阪までの企画なので、そこから在来線に乗り換えて京都入り。
少々面倒ではありますが、そのくらいは屁のカッパでぃっ!
ちなみに、駅to駅で約5時間。
移動時間も長目ですが、実は唯一ゆっくりできる貴重な時間でもあるのです。
ただ一つの難点と言えば『やくも』の揺れがハンパないこと!!
乗り込んでからしばらく、そして降りる前のしばらく、吐きそうなくらい揺れます。
あんまり揺らすと、ホントに吐いちゃうぞ!!
f0229618_11412770.jpg

※この企画、山陰から出発する場合のみです。
[PR]
by corokan | 2013-07-16 11:43 | ふるさと島根
昨日の島根は、全国ニュースでも取り上げられるくらいの豪雨。
実家でもかなりの量の雨が降りましたが、特に被害はありません。
雨が止む頃に「浜原ダムから、毎秒300トンの水が出ます」って防災放送が流れたので
「お!ダム!!」ってな感じで見学に出掛けちゃいました。野次馬〜。
放水中のダムの風景。
f0229618_7131061.jpg
f0229618_7131929.jpg
f0229618_7132746.jpg

画像では迫力を伝えられないのが残念であります。
真上から見る放水が、これまたすごいんですけど、
実は私、高所恐怖症なんですよね…。
お尻が激しくムズムズして、かなりビビりながらの見学です。
f0229618_7143024.jpg

反対側はこんなに穏やかなんですけどね〜。
f0229618_7172431.jpg

このダム、小学生の時に遠足で訪れて以来、人生で二度目です。
「子供なのに、こんな長い距離を歩いて来たのかぁ」って、ちょっと感激。
f0229618_7211269.jpg

ついでに、出雲へ行く途中にある志津見ダムは、これ。
f0229618_7224649.jpg

デザイン的にかなり違ってて、なかなかの面白さ。昭和と平成、的な。
午後には雨雲も流れ去り、昼から月見も出来たのでありました。
f0229618_7325015.jpg

[PR]
by corokan | 2013-07-16 07:27 | ふるさと島根
明日チェックインするゲストさんから「山鉾巡行以外におすすめのイベントを教えて」というメール。
宵山から一週間、祇園祭的にベストな時期の滞在ですから、存分に満喫してほしい。
というわけで、イベント入りの山鉾地図を独自に作ってみました!!
f0229618_21511923.jpg

どんな風に過ごすのかなぁ。羨ましいなぁ…。
私は、明日の夜にはまた実家に戻らねばならないので…。
でも!今日の午後に少しだけ見学できたので、それで満足!
今回、デジカメがバージョンアップしたので、ズームを駆使してみました。
これは『月鉾』の破風。兎と亀。
f0229618_21564271.jpg

屋根の上には八咫烏も。
f0229618_2159221.jpg

『函谷鉾』の破風。
f0229618_2159378.jpg

『菊水鉾』の破風は、鳳凰。派手です。
f0229618_2205896.jpg

天井の龍も見えました。
f0229618_2215445.jpg

そして榊にも、龍。やはり派手です。
f0229618_2223328.jpg

「動く美術館」とも言われる山鉾、じっくり見るなら宵山の昼間。
暑い京都ですけど、ゲストさんにも余すところなく堪能してほしいと思いながら、
地図を完成させたのでありました。
[PR]
by corokan | 2013-07-13 22:07 | 祇園祭

星を辿って…

7月12日20時42分。
実家を出発してすぐ、山に沈む直前の三日月。
f0229618_16453715.jpg

7月12日21時28分。
出雲に向かう国道から、山の中腹あたりで光るお城と三日月。
(川の対岸なので、かなり遠いです。何があるのか一度尋ねてみなくちゃ。)
f0229618_16472650.jpg

7月13日6時04分。
朝の高速を走るバスの車窓から、太陽の塔。
f0229618_16491126.jpg

7月13日13時33分。
明日から宵山の祇園祭、四条通の月鉾。
f0229618_16512073.jpg

以上、昨夜の実家から本日の仕事終わりまで、要所要所で「星」に遭遇した、というお話。
明日の夜には、また実家に戻りまーす!(フゥ〜 ε=(^。^;A )
[PR]
by corokan | 2013-07-13 16:55 | 日々のこと

瀧尾神社の「小ネタ」

さて、瀧尾神社の締めくくりは、ちょっとした情報です。
昔、神社の周辺には松林があり、そこには神猿が住んでいると言われてました。
そして、伏見人形のお猿さんが松の木の上に置かれ、
丑寅(鬼門)の方角に向いてたんだそうです。
が、松林が枯れてしまったため、そのお猿さんは本殿の屋根に移されました。
金網にガードされて、ちょっと分かりにくいのですが、
参拝された時には、是非、見つけてあげてくださいね。ウキー!
f0229618_11314554.jpg

[PR]
by corokan | 2013-07-12 11:32 | 観光地巡り
さて、いよいよ瀧尾神社の「!!!」を紹介します。
それは、鳥居の正面にある拝殿にいるのですが…。
f0229618_9132233.jpg

外から見ると、提灯の下がったシンプルな建物。
本殿にお詣りしてから、スリッパに履き替えて拝殿に足を踏み入れると…。
天井に、ドーーーーーーン!!!
f0229618_9151593.jpg

約6畳のスペースに、体長8メートルの木彫りの龍。
手を伸ばしたら届きそうなくらいの頭上を、龍が飛んでおるのですよ。
しかも3Dですよ。
f0229618_9191852.jpg
f0229618_919269.jpg
f0229618_9193647.jpg
f0229618_943476.jpg

夜な夜な今熊野川まで水を飲みに抜け出すのを防ぐために、
網を張られた時期もあったそうです。
現在は今熊野川に蓋が被せられたので、龍が抜け出す心配がなくなりました。
でも…実は…今でも…。
って思ってしまいそうなほど、リアルな龍。大好きなんですけどー!!
[PR]
by corokan | 2013-07-12 09:36 | 観光地巡り

瀧尾神社の「御利益」

ここで肝心の、瀧尾神社の御利益について。
こちらの神社は、江戸時代後期の豪商・下村家に篤く崇敬されました。
この下村家というのが、現在の『大丸百貨店』の前身である『大文字屋』の創業家!
商売が発展したお礼にと、現在の社殿を造営したんだそうです。
というわけで、境内には『大丸繁盛稲荷』が。
京都で商いをさせていただく者として、きっちりお詣りさせていただきました。
f0229618_1814469.jpg

そして、本殿横には鰻の絵馬。
f0229618_1816643.jpg

これは同じ東山にある『三嶋神社』のものですが、
2000年に瀧尾神社の境内に祈願所が設置され、絵馬の奉納や祈願が出来るようになりました。
その三嶋神社とは、子宝と安産に御利益のある神社。
皇子に恵まれたことを喜んだ後白河天皇の命により社殿が造営されたんだそうです。
皇族とも関係が深く、秋篠宮様が参拝され、数年後に悠仁様が誕生!!
ちなみに鰻(水蛇)は、神の使いとして祀られています。
f0229618_18225913.jpg

さて、瀧尾神社本体の絵馬はこちら。
f0229618_1826027.jpg

祭神は大己貴命(おおむなちのみこと)ですが、
大黒天(大国主命)、弁財天、毘沙門天の3神も共に祀られています。
そして、3神の前には龍!!
その理由は次回アップしまーす。
[PR]
by corokan | 2013-07-11 18:30 | 観光地巡り